ビジネスコミュニケーションに関する出版プロジェクトならびに執筆者の募集

掲題につきまして 山本慎悟企画委員長のもと企画委員会より、「ビジネス・コミュニケーション」に関するテキストの出版(当学会会員による分担執筆)の企画についての提案を受け、去る2022年3月25日に理事会にて本企画が承認されました。つきましては、会員の皆様を対象にして、2022年5月末を期限として執筆者を募集いたします。

詳細、必要書類はこちら

JBCA学会員 柴田真一のワンポイントビジネス英会話 Vol.2 を掲載しました

ご好評いただいているJBCA学会員 柴田真一先生によるワンポイントビジネス英会話コラムの Vol.2 『オンライン会議の音声・画像トラブル』を掲載いたしました。
時間の有効な使い方としても利用頻度が多くなっている、オンライン会議。その会議中での便利な一言を集めてみました。

JBCA学会員 柴田真一のワンポイントビジネス英会話
Vol.2 オンライン会議の音声・画像トラブル

学会員著書紹介『オックスフォード 世界最強のリーダーシップ教室』

JBCA学会員 法政大学教授 中谷安男先生の新刊著書をご紹介します。

オックスフォード 世界最強のリーダーシップ教室 | 中谷 安男 |本 | 通販 | Amazon

巨大企業のCEOや政治家など各界のリーダーとの交流や、グローバルな教養と人脈を世界トップのオックスフォードで学ぶ。最高のディベート組織、オックスフォード・ユニオンの学びの環境とディベートを疑似体験! チャーチル、ボリス・ジョンソンなど歴代の首相、コカ・コーラCEOクインシー、LVMH会長アルノーも登場し、あなたを熱い議論に招きます

■著者紹介
中谷安男 (なかたに やすお)
法政大学経済学部教授。専門:Business Communication,Academic Writing。慶應義塾大学経済学部卒業。米国ジョージタウン大学大学院英語教授法資格。豪州マッコーリー大学大学院修士号取得。英国バーミンガム大学大学院博士号取得。オックスフォード大学客員研究員。Journal of Business Communication及びApplied Linguistics主要ジャーナル査読委員、豪州University of Queensland、ニュージーランドMassey University博士課程外

学会員著書紹介『コミュニケーション能力育成』

JBCA学会員 京都ノートルダム女子大学 平野美保先生の新刊著書をご紹介します。

コミュニケーション能力育成―音声表現研究をベースとした話しことば教育 : 平野 美保

学修プログラムをデザインして必要な能力を育てる――
「意思疎通」「協調性」「自己表現力」といった能力を育てるにはどのような工夫が必要なのか。司会やナレーションの業務に長く従事してきた著者が、音声表現スキルに着目した実践的研究からその方法を示す。

「本書の特徴は,主に3点ある。1つ目は,音声学や心理学などの隣接諸領域の研究成果を基盤に,コミュニケーション能力育成について実践的に研究している点,2つ目は,「音声表現スキル」に注目し,そこから広いコミュニケーションスキルに発展させている点,3つ目は,デザインされたプログラムの活用が可能である点にある。」(「はじめに」より)

■著者紹介
平野美保(ひらの みほ)
京都ノートルダム女子大学国際言語文化学部国際日本文化学科准教授。
記念式典,オーケストラコンサートなどの司会,ビジネス用途のナレーション,社会人などを対象にしたセミナー・研修に携わりながら,社会人院生として,名古屋大学大学院教育発達科学研究科で博士(教育)の学位を取得。現在,実社会に資するコミュニケーション能力育成の研究・教育に取り組んでいる。

本学会の理事会・委員会の構成メンバーが決定しました。

新体制が確定しました。ご支援のほどお願い申し上げます。(2015年11月16日 更新)

先般の理事選挙をうけ、本学会の新たな役員が確定いたしました。今後とも皆さまのご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。詳細については、「JBCA 理事・役職者一覧」のページをご覧ください。

韓国KABCとのMoU締結のご報告

韓国の学術団体「KABC」とMomorandum of Understandingを締結しました。(2014年12月6日)

当学会は、2014年12月6日(土)にKyung Hee University (ソウル)にて開催された、The KABC Fall Conference 2014において、韓国ビジネスコミュニケーション学会(KABC)と、Memorandum of Understanding (MOU)を締結いたしました。詳しくは「最新のお知らせ」をご覧ください。