JBCA学会員 柴田真一のワンポイントビジネス英語レッスン Vol.3

ネットワーキングを上手にこなすコツ 

セミナーやカンファレンスが対面に戻りつつある中、休憩時間や立食といったネットワーキングで堂々と振舞うコツについて考えてみましょう。

まず、出来るだけ多くの人と話すよう心がけること。
と言われても、面識のない人に話しかけるのは勇気がいりますね。
まずは

How nice to be able to talk to people face-to-face!
とか、

Are you enjoying yourself?
といったさり気ない会話から入りましょう。

歓談中のグループに割って入るのはさらにハードルが上がりますが、
Sorry to interrupt, but would you mind if I join you?
と言えば問題なく入ることができます。

次に、頃合いをみながら

I’m Yuriko, by the way.
と名乗って名刺を渡してみましょう。
名刺をくれなくても気にしないこと。

最近では Are you on LinkedIn?と聞かれ、別れて10分後にはつながり申請が来ているということも少なくありません。
ある意味で合理的ですね。

最後に、何よりも大切なのは、アイコンタクトと笑顔。
あまり構えずに、相手を知り、自分を知ってもらおうという気持ちで臨めば、ネットワークは自然と拡がっていくでしょう。


柴田真一先生

神田外語大学グローバル・リベラルアーツ学部特任教授、キャリア教育センター長、特任教授
NHKラジオ『ビジネス英語』講師

みずほフィナンシャルグループ、目白大学教授・英米語学科長を経て現職。上智大学外国語学部卒。ロンドン大学大学院経営学修士(MBA)。国際ビジネスコミュニケーション学会(JBCA)広報委員。
銀行員としてのロンドン15年、ドイツ5年の海外勤務経験を活かし、大学では、ビジネス英語、グローバルキャリアに関わる授業を担当。著書に「入門ビジネス英語シンプルフレーズで相手を動かす!初めてのビジネス英会話』、『入門ビジネス英語 10億人に通じる! やさしいビジネス英会話』(NHK出版)、『英会話 仕事がうまくいくキーワード100』(青春文庫)などがある。